FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「税務会計 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

新規創業・SOHO・定年起業の開業手続

SOHOのオーナー経営者(個人)が新たに事業を開始した場合には、所得税・源泉所得税・消費税に関する開業届出書等の提出が必要となります

個人事業の開業・廃業等届出書
新たに事業所得、不動産所得・山林所得を生ずべき事業の開始した方

所得税の青色申告承認申請書
事業所得・不動産所得などの業務を行う方のうち、青色申告の承認を受けようとする方

青色事業専従者給与に関する届出書
青色申告の承認を受けて、事業専従者給与額を必要経費に算入しようとする方

その他開業にともない税務署への届出が必要となりますので、忘れずに手続きをしておきましょう
お手続きの代行は事務所までお気軽にご相談下さい

お問い合わせ・ご相談は ~ こちら>>>

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

税務会計について

女性税務会計 ~ いかにも堅苦しい響きを持った用語ですね !

しかし国には予算の経理を歳入・歳出と呼ぶ一方、家庭では家計の収入・支出と呼ぶように国・家庭のほか企業・事業所では会計と呼んで経営活動をいろいろな角度から管理するのが普通です

その会計には個人事業では所得税、法人事業では法人税に適法に処理することが決められています ~ そこで税務会計という用語が使われています

私どもはこの堅苦しく、専門性の求められている税務会計をできるだけわかりやすく理解していただくように努めています

税務会計に関することなら何でもお気軽にご相談いただきますようお願い申し上げます !

『税務会計』のカテゴリ記事一覧のページへ

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

税務会計業務の内容

 私の事務所の最近の税務会計業務の内容についてご説明します
コーヒー
1 巡回監査業務
  適正決算・申告を実現するため、関与先への税務巡回監査を実施しています

2 財務会計処理業務
  TKC法人・個人財務会計システムにより毎月の経営成績をタイムリーに報告しています

3 毎年の決算の税金対策として、節税につながる独自の損益管理業務にも力を入れており、かなりの効果をもたらしています

4 法人税・所得税の決算・申告業務
  TKC決算・申告システム・電子申告により、適法な決算・申告を行なっています

5 給与計算事務代行
  TKC・給与計算PXシステムにより毎月の給与計算事務を代行しています

6 年末調整計算業務
  毎年年末での給与所得の年末調整計算業務を行なっています

7 相続税贈与税の決算・申告業務
  個人・会社役員様方などの相続税贈与税申告・財産評価業務を行なっています

8 会社設立事務代行業務
  新規創業・定年起業・SOHOを機会に株式会社などの会社設立事務の代行については行政書士をご紹介しています

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

事前財務報告サービスを活用する

事前財務報告(予備監査)サービス とは毎月の財務データを迅速に処理し、巡回監査の日に月次の経営成績の概況を報告することができる当事務所独自の財務会計処理サービスです

毎月関与先様から前月分の現金・当座・普通預金出納帳・普通仕訳帳・売買掛金集計帳(いずれもコピー)を事務所に送付していただきます

事務所では財務データのエントリーと現金・預金・売掛・買掛金・人件費などの主要勘定科目の残高を照合の上、TKCセンターにデータの伝送を行い、財務報告用試算表を入手します

これにより巡回監査の効率がよくなり、毎月の経営成績の概況を事前に報告することができて関与先様からもたいへん好評をいただいています

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

印紙税の取扱いが変わっています !

ビジネス販売に必須の金銭の領収証について
26年4月の消費税の改正に伴って印紙税も改正になっており、平成26年4月1日からの印紙税の改正により金銭の領収証の課税金額が 5万円以上になっています
 今まで3万円未満だったのが、5万円未満の領収書までは印紙がいらなくなっています~ うっかり3万以上と勘違いされているケースもあり、ご注意下さい !
詳しくは ~ こちら

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。